<< 猫型ろぼっろ 坊って年取ってる感があるけど >>

最初は違ったのかな

時代がたつと、僧形の者、髪を剃ったり短く刈ったりした者、また、毛のない頭やそれに見立てられるものをも広くさすようになり、この場合、必ずしも尊称とは言えず、蔑称の場合も多い。武家時代に、大名などに仕えて、僧形で茶の湯など雑役をつとめた者も坊主と呼ばれ、その職掌によって茶坊主・太鼓坊主などと呼ばれた。また、男の子の愛称となったのは、昔、僧のように幼時に髪を剃っていた事からであろう。なお、キリスト教伝来の当初には、宣教師を坊主と呼んだ事もあったという。
[PR]
by yrturngnh | 2009-10-20 10:29
<< 猫型ろぼっろ 坊って年取ってる感があるけど >>